賃貸マンションの入居審査と期間について。

「入居審査」と申しますのは、入居希望者が、賃貸マンション・アパートに入居するのに丁度良い人物かどうかを判断するための審査ということを意味します。

具体的にいうと、オーナー様や不動産会社などが、入居申込みの際に入居希望者が提出した書類などをもとに、「家賃に見合った収入があるか」、「他人との共同生活に配慮ができる人物か」、「連帯保証人が信頼できる人物か」を審査します。

審査結果は、一週間以内に通知されるケースが多いと言えます。

入居審査のポイントは?
家賃に見合った収入があるか?

オーナー様にとっては、入居希望者がきちんと家賃を払ってくれるかどうかが、一番大きな関心事です。これに付随して、入居審査の時には、勤務先や職業、年収などが審査されます。

勤務先は?
勤務先の規模や職種、勤続年数などが審査されます。勤務先については、現実に不動産会社が電話をして確認することもあるため、転職する予定がある場合には、その旨をきちんと記載します。

職業は?
フリーターや派遣社員、契約社員など、定着性の低い雇用形態は敬遠されることも考えられます。日頃の仕事ぶりや真面目さをアピールすることが欠かせません。

年収・月収は?
支払い家賃(月額)が、月収の3分の1以内かどうかが目安となります。また、年収が高いことはもちろん、継続的に安定した収入があるかどうかも審査のポイントになります。

他人との共同生活に配慮ができる人物か?
様々な人が共に暮らす賃貸マンション・アパートでは、他の入居者様とトラブルを起こさない、共同生活に配慮できる人物であることが求められるのです。

人柄は?
審査の際には、不動産会社の担当者の意見も重視されます。お部屋探しの段階から、常識的で礼儀正しい言動を心がけるようにします。また、申込書類の間違いや嘘は、厳しく追及されますので、正確に記入することが大切です。

転居理由は?
賃貸住宅から転居する場合は、入居期間や転居理由を尋ねられます。明確に理由を説明できるよう用意しておきます。

連帯保証人が信頼できる人物か?
万が一、入居者様に何かあった場合に、代わって家賃を支払ったり、損害賠償等に応じたりするのが「連帯保証人」の役割です。

そのため、連帯保証人は、両親など、入居希望者に近い親族で、かつ経済力のある人物が良いとされています。

入居希望者との関係は?
入居希望者の両親、兄弟など、3親等内の親族が望ましいとされています。

連帯保証人を頼める親族がいない場合には、連帯保証人代行会社に依頼するか、連帯保証人の必要性がない物件を選ぶことが必要です。

特に大阪、東京、名古屋のデザイナーズマンションなどは、審査がシビアです。

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です